よくある質問

申込について

PPIHグループの各リテール毎に導入することは可能ですか?

パートナーコード単位での申し込みになるため、法人を分けて導入することも可能です。

サービス利用開始後のプラン変更やオプション追加は可能ですか?

可能です。変更の際は、弊社へご連絡ください。

運用開始までにどのくらいかかるか教えてください。

申込いただいてから運用開始までに約1ヶ月程度かかります。

運用について

対象の伝票は何になりますか?

仕入伝票のみとなります。返品・値引伝票については現行通り伝票での運用となります。

支払方法等に変更はありますか?

支払方法に変更はございません。支払金額等の違算については、現状通り、アクリーティブへ問い合わせをお願いいたします。

各種データの送受信時間の目安や、〆時間はございますでしょうか?

・発注データ:データは30分毎に受信が可能です。グロス設定をお申し込みの場合、本発注データは1日に4回受信が可能です。

・出荷データ:店着日までに送信をお願い致します。

・受領データ:店着日翌日の7時以降に配信致します。


※生鮮プランは、各種資料ダウンロードページの【共通】DMS(Data Message Standards)説明資料よりご確認ください。

出荷データの訂正は可能ですか?

・流通BMSプラン:出荷データは1時間毎(毎時00分)に締まり、基幹に連携されます。その前までであればデータの上書きは可能です。

・Web型BMSプラン:画面で入力した場合は、送信後の訂正は不可です。 データのアップロードで送信した場合は、出荷データ送信後、翌00分に基幹に連携されます。 その前であればデータの上書きは可能です。

・生鮮プラン:店舗検品前であれば、店舗より【出荷差戻し】が行われます。その際は出荷訂正入力が可能です。 店舗検品の翌日以降はパートナー様による訂正は不可となり、店舗による赤伝対応となります。

同一伝票内で納品日が異なる場合はどうすればよいですか?

最終の商品店着日を出荷データの「納品日(店着日)」に入力してください。

FAXの発注分はどのように対応したらよいですか?

FAX発注分も出荷データを貴社で作成いただければ本サービスでの対応可能です。 ご希望により、本サービスでFAX発注データを受け取ることも可能です。 また、現行どおり伝票での運用も可能です。

(生鮮プランの場合は、FAX発注分は現行通りの運用となります。)

システムについて

システムの切替方法を教えてください。

・流通BMSプラン、Web型BMSプラン:テスト終了後、本番運用開始日を貴社とご調整させていただきます。 本番切替当日は、現行の発注方法での運用と本サービスでの発注方法での運用が発生します。 また、現状EOSをご利用されている方は、本番切替後1週間程度は、現行のサービスに発注データが流れている可能性があるため、 現行のサービス及び本サービス双方のデータの受信をお願いいたします。
・生鮮プラン:お申込みから諸手続き完了後、Web画面をテスト環境から、本番環境へ切り替える日程をメールにてお送りいたします。 生鮮プランでの実際の運用切替日(初回納品日)につきましてはPPIH商談担当とご調整の上進めていただけますようお願いいたします。

Web型BMSプランのWeb画面を利用した際、データの保管期間はどのくらいですか?

3か月保管しております。

Web画面で複数人作業することは可能ですか?

・Web型BMSプラン:可能です。5つまでIDを付与出来ます。
・生鮮プラン:同時ログインが可能です。なおログインIDとパスワードは共通となります。

データのフォーマットを教えてください。

本画面下部の「各種資料ダウンロード」ボタンからマッピングシート、協定シート等のダウンロードをお願い致します。

サービス利用時間を教えてください。

サービス利用時間は、24時間、365日対応となっております。 但し、Web型BMSプランにつきまして毎週月曜日午前2時~5時の間は、ご利用いただけませんのでご注意ください。